ナイトブラの基礎知識

【付け方次第では逆効果?!】ナイトブラの正しい付け方を3ステップで解説!

ナイトブラ子
ナイトブラ子
博士~ナイトブラって付け方が決まっていたりしますか?あまり何も考えずに付けていたんですけど…。

博士
博士
え~~、ナイトブラ子ちゃんっ!ナイトブラは正しく付けないとかえって逆効果になってしまう可能性があるので注意が必要ですよ…。

ただし、ナイトブラによっては、きちんと付け方のマニュアルが付いていなかったりで、よくわからないということも多いんですよね。

そこで、今回は一般的なナイトブラの付け方をご紹介していきます。3つのステップで簡単にまとめているので、これを見れば、すぐにナイトブラを正しく着用できるようになっていますよ。

また、ナイトブラの付け方が引き起こすデメリットもまとめているので、合わせてチェックしてみてくださいね。

ナイトブラを付ける前にしておきたい2つの準備とは?

ここでは、ナイトブラを付ける前にしておきたい2つの準備についてご紹介していきます。
まずは、しっかりと準備して最高の状態でナイトブラを付けられるようにしていきましょう。

1、保湿をして乾燥を防ぐ!


まずは、保湿をきちんと行うようにしましょう。ナイトブラを着用するのは基本的にお風呂上りですよね。実は、お風呂上りの肌はとても乾燥しやすいと言われています。というのも、お風呂に入ることで肌を保湿している成分・皮脂・水分が奪われてしまうからなんです。

肌の乾燥が進むと肌トラブルを引き起こす大きな原因になってしまうので注意が必要です。就寝時を快適に過ごすためにも、きちんと保湿してからナイトブラを着用するようにしましょう。

参考:医肌研究所

2、バストアップクリームを使ってマッサージやツボ押しをする!


バストアップクリームを使って、バストをマッサージしたり、ツボ押しをするのがおすすめです。バストをしっかりと刺激してナイトブラを着用するという習慣を続けることで育乳が期待できるからです。

基本的に、お風呂上りは血行が良くなっている状態なので、マッサージやツボ押しには最適なタイミングです。力を入れすぎず、優しくリンパに流してあげるようにしてみてくださいね。また、バストアップクリームを塗ることで保湿効果もあるので、一石二鳥ですね。

以下の記事では、バストアップクリームを使ったマッサージ方法もまとめているのでよかったら参考にしてみてくださいね。

あわせて読みたい
【自力で簡単!】胸を大きくする7つの方法と5つのNG習慣を徹底解説! そもそも前提として痩せ型の人はある程度太って脂肪をつける! そもそもなんですが痩せ型の人が胸を大きくしたいなら、優先事項と...

【3ステップで解説!】ナイトブラの正しい付け方(着け方)は?

  1. 下から足を通して着用し、バストまでしっかり持ち上げる!
  2. 片腕ずつストラップを通す!
  3. 前かがみになって、背中や脇のお肉をカップに入れ込む!

ここでは、ナイトブラの付け方について3ステップで簡単にご紹介していきます。ナイトブラを着用するさいは、正しく着用できているかを確認するために全身が映る鏡があると便利ですよ。それでは、以下の手順に沿ってナイトブラを付けてみてくださいね。

ステップ1、下から足を通して着用し、バストまでしっかり持ち上げる!


ナイトブラを着用する際は、必ず下から足を通して、バストまでしっかりとと持ち上げるようにしましょう。

下からバストまで持ち上げることで、お腹のお肉もバストまで持ってくることができるからです。もし、上からかぶってしまうと、バストの位置が下にズレでしまいかねないので注意しましょう。

ステップ2、片腕ずつストラップを通す!


ナイトブラをバストの位置まで持ってきたら、片腕ずつストラップを通していきましょう。
面倒くさいからといって両腕を一緒に通してしまうと生地が伸びてしまう恐れがあります。

ナイトブラを長く利用するためにも、できるだけ生地が傷んで伸びてしまうことは避けるようにしましょう。また、ストラップがねじれていないか鏡を見ながら確認してみてくださいね。

ステップ3、前かがみになって、背中や脇のお肉をカップに入れ込む!


ステップ2までできたら、今度は、前かがみになって、背中や脇のお肉をしっかりとバストをカップにおさめていきましょう。

背中のお肉は前に集めるように、脇のお肉はカップに片手を入れて持ち上げるようにしてカップに集めてみてください。

カップ中央にお肉を集めることで、バストがふっくらした状態をキープすることができますよ。最後に、鏡で全身をチェックして、ねじれている部分がないか、お肉がはみ出している部分がないかを確認してみてくださいね。

【ナイトブラのサイズが合っていない?】正しい付け方をした後にチェックしたい3つのポイントはコレ!

  1. カップが浮いているor食い込んでしまっている
  2. 肩がきついorもしくは緩い
  3. お肉がはみ出している

正しい付け方ができたら、必ず鏡で全身をチェックするようにしてみてください。というのも、正しい付け方をしたのに、なんとなく違和感があるというケースがあるかもしれないからです。

上の3つの項目に該当していると、そもそもナイトブラのサイズが合っていない可能性があります。サイズが合っていないナイトブラの着用は、バストが流れてしまったり、バストの成長を妨げる原因になるので注意してくださいね!

また、下記の記事ではナイトブラのサイズが合わないという原因と正しい選び方についてまとめているので、よかったら合わせて見てみてください。

あわせて読みたい
ナイトブラのサイズが合わない!?その原因と正しい選び方を徹底解説 ナイトブラのサイズが合わないときに考えられる7つの原因とは? せっかく買ったのに、いざ着けてみたら「小さくて苦しい...

どうしてナイトブラを正しく付けないといけないの?合っていないナイトブラが引き起こす3つのデメリットとは?

ここでは、ナイトブラを正しく付けないことで起こる3つのデメリットについてご紹介していきます。正しく付けられていないとせっかくのナイトブラも台無しですよ。よかったら参考にしてみてくださいね。

1、クーパー靭帯が伸びてバストの形が崩れる原因に…


ナイトブラを正しく付けられていないとクーパー靭帯が伸びてしまい、バストが崩れる原因になります。クーパー靭帯はバストを支える働きがありますが、一度伸びたり、切れたりするともう元には戻りません。

というのも、就寝時には無意識のうちに寝返りを繰り返しています。寝返りを何度も繰り返すことで、お肉がいろんな方向に動いてしまい、その分クーパー靭帯にも負担がかかってしまいます。だからこそ、正しくナイトブラを付けてバストをサポートする必要があります。

バストが崩れると体全体が老けて見えてしまうので、女性としての自信も失われるかもしれません…。20代から既にバストの型崩れは進行しているので、ナイトブラを正しく使ってバストケアしていくようにしましょう。

参考:ワコールボディブック

2、背中や脇にお肉が流れてしまいバストダウンに…


就寝時は、バストが横向きに流れるので背中や脇にお肉が流れてバストダウンになりがちです。ナイトブラを着用することでバストの横流れを防止することができますが、正しく付けられていないとしっかりと防ぐことができません。

つまり、いくら性能が優れたナイトブラでも、正しく付けられていないと逆効果になってしまうということですね。特にバストが大きくてお肉が流れやすいという方は形が崩れやすいので注意が必要ですよ。

気が付いたら「バストが小さくなっていた」「小さく見られるようになった」なんてことがないようにしたいですよね。お肉が背中や脇に流れていってしまうと離れ乳や垂れ乳が進行してしまうので注意しましょう。

参考:スリール

3、睡眠の質の低下につながる…

ナイトブラは本来バストを安定させ、睡眠をサポートする働きがありますが、付け方によっては睡眠の質が低下してしまう恐れがあります。

適切に付けられていないことで、着心地が悪かったり、圧迫が変に強く感じてしまう可能性があります。そうなると本来のナイトブラの働きが期待できない上、かえって不快感が増してしまいます。

そのため、どうしても寝つきが悪くなって十分な睡眠が取れなくなります。睡眠の質の低下は、バストの成長にも良くありませんし、翌日のパフォーマンスにも影響してしまうので、きちんと自分に合ったナイトブラを正しく付けられるようにしていきましょう。

参考:つくるパジャマ

まとめ

【付け方次第では逆効果?!】ナイトブラの正しい付け方を3ステップで解説!のまとめ
  • ナイトブラを付ける前には保湿やバストアップマッサージをしておくのがおすすめ
  • ナイトブラの正しい付け方は「下から足を通して着用し、バストまでしっかり持ち上げる」「片腕ずつストラップを通す」「前かがみになって、背中や脇のお肉をカップに入れ込む」の3ステップのみ
  • ナイトブラを正しく付けないと「バストの型崩れ」「離れ乳や垂れ乳」「睡眠の質の低下」の原因になる

今回は、【付け方次第では逆効果?!】ナイトブラの正しい付け方を3ステップで解説!についてご紹介しました。

「付け方なんて、特に意識していなかった」という方もいらっしゃるかもしれませんが、きちんとした手順でナイトブラを着用することはとても大切です。

間違った付け方をして、かえってバストが崩れるなんてことがないようにしてくださいね。
この記事を参考に、ナイトブラの正しい付け方をマスターしていただけたら幸いです。